新着情報



低コスト耐震改修の設計・施工研修に参加しました!

低コスト耐震改修の設計・施工研修に参加しました!
従来の耐震改修では、天井・壁・床を撤去して補強のための金具や筋交いを取り付けていましたが、「低コスト耐震改修」は、天井・床を撤去せずに補強することができます。

既存の柱にアルミアングルを取り付けて、構造用合板を貼ることにより壁を補強しています。




昭和56年以前に建てられた建物は、柱脚金物がなく、ホゾや釘が主に使われていますが、地震で大きく揺れるとホゾが溝から外れ、倒壊してしまう危険性が高くなります。
そのため、金物などで柱をしっかりと固定することが大切です。

お客様が安心・安全に暮らせる住まいをお届けできるよう、これからも日々勉強を重ねながら取り組んでいきます!


一覧に戻る

お問い合せフォーム

ページトップに戻る