豊中の家

豊中の家

  • 竣工:令和3(2021)年12月
  • 延床面積:282.99㎡(改修床面積)

昔ながらの趣きを残し、生活習慣を大きく変えず、暮らしに馴染むリノベーションをしたお家です。
廊下で仕切られた畳の間と、ダイニング、キッチンを一部屋にしました。
周辺にトイレや浴室、洗面などの水回りを配置し、生活動線にもこだわっています。
眺望や採光を活かした大きな窓からは柔らかい光が入り、室内を心地よい明るさにしてくれます。
【Before】
①和室8帖より中廊下を挟み、台所・食堂を見る。
②旧台所。流し台上の窓からの採光は薄暗い。
③廊下の角に設けられたトイレ。片開戸のため入りづらい。
④西側にある離れとの連絡通路。
【After】
①廊下で仕切られた畳の間と、ダイニング、キッチンを一部屋にし、使いやすく落ち着いた雰囲気の茶の間とLDKになりました。
②IH、レンジフードを交換し、既存の流し台を再使用しました。
③入口を引戸にし、手洗いと洋式便器を取り付け、広く心地よいトイレになりました。
④⑤既存の角柱を丸柱に入れ替え、飾り柱だけでなく構造材の役割も兼ねています。
⑥寒水石を入れ、柔らかい質感のある珪藻土塗りとしました。
⑦一段下がりのフロアより、ダイニングキッチンを見る。
⑧和室に押し入れを設け、天井までの障子で仕切ります。
⑨障子を開ければ、LDKと和室が一体となります。
⑩一段下がりの居間では、窓に腰掛けて一息つけます。
⑪窓からは遠くの山並みが見通せます。

家づくりの流れを見る


お問い合せフォーム

ページトップに戻る