金倉の家 【 土壁・日本瓦・大屋根造りの家 】

金倉の家 【 土壁・日本瓦・大屋根造りの家 】

  • 竣工:平成30年3月
  • 延床面積:162.30㎡

金倉川沿いの湿地に地盤改良を行い、竹小舞に荒カベ塗の伝統工法を取り入れ、
内装仕上げにフェザーフィール塗の調湿効果を持たせるものとした。
LDKは、丸太梁の軸組を現わし、古民家風の空間となっている。
西側大屋根の間にはバルコニーを取り、人目につかない様布団干しなどが出来る配慮がされている。

家づくりの流れを見る


お問い合せフォーム

ページトップに戻る