古民家改修 上麻の家

古民家改修 上麻の家

  • 竣工:平成29年4月
  • 延床面積:164.58㎡(改修部)

山あいの竹林や果樹園の畑があるこの地域に先祖から住み継ぐ母屋を今の時代に合わせ、改修を行い、これから先もこの民家を受け継ぐそんな家人の思いを込め、この工事は始まりました。
基礎の補強から始まり、耐力壁の補強や金物での補強を終え、入母屋造りの美しい外観がそのままに、外壁に板張りやジュラクの吹き付けで化粧直しを行い、内装には土・和紙・草・木など自然素材の特性を生かし、熟練の匠たちにより見事に再生されました。
この地の風土に根ざし、堅牢で品格のある民家、家人の穏やかな人柄と相重なり、一層この母屋が輝いているようです。

家づくりの流れを見る


お問い合せフォーム

ページトップに戻る